著書紹介

金管楽器 演奏の新理論 ~奏法の特性を知り、表現力を上げる~

brass_new

すべての金管奏者必読の書

奏法の歴史や各楽器の表現法から学ぶという画期的な視点で話題になった
「木管楽器 演奏の新理論」の第二弾「金管楽器編」が登場!

本書には呼吸法やアンブシュアについては載っていない。
金管楽器を金管楽器らしく演奏するために必要な自然倍音や各調性の概念、
ヴァルヴ、スライド、ハンドストップなど、音を変えるメカニズムなどにスポットを当て、
魅力的なレガート奏法を追求する。
後半ではハイドンのトランペット協奏曲とモーツァルトのホルン協奏曲という二大名曲を取り上げ、
当時の楽器の表現方法、修辞学の面から徹底解剖。
後者はスペシャリストの守山光三との対談で曲の本質に迫る。
他に管弦楽の有名曲の金管楽器パートにもメスを入れる。

【目次】

  • 第1章 自然倍音を理解して使いこなす
  • 第2章 調性が持つ意味を知る
  • 第3章 ヴァルヴの特徴を知る
  • 第4章 スライドの仕組みを知る
  • 第5章 ハンドストップの仕組みを知る
  • 第6章 美しいレガートを習得する
  • 第7章 名曲を使って表現テクニックを実践する

【定価】2,625円

amazon


2013-05-17 | Posted in 著書紹介Comments Closed