著書紹介

名曲の常識非常識

meikyoku_saeki

モーツァルト「魔笛」、ベートーヴェン「第9」から

ラヴェル「ボレロ」、レスピーギ「ローマの祭」など、

オーケストラの名曲には、間違った「常識」のまま演奏されている曲がある?

当時作曲家が考えていた音のイメージを研究してみると、

もしかするとこれまでの常識は「非常識」なのか?

楽譜やさまざまな資料をもとに大胆な推論を展開する。

 

デビュー作になります。オーケストラの名曲を、管楽器パートに注目すると、

現在演奏されているものとは違う姿が見えてくる。そういう観点で推論したものです。

現在は絶版ですが、近日中にリメイクしたものが出版されるかもしれません。

 

【価格】1,890円

amazon


2013-05-07 | Posted in 著書紹介No Comments »