コラム

シャッター音

取材をするとき写真も撮ってこなければいけないことが多い。

本来ならカメラマンが撮るべきなのだが、諸事情から仕方ないようだ。

いちばん嫌なのは、コンサートのレビューを書いて写真も撮るというケース。

最近はそういうケースは稀になったけれど、

客席でコンサート中に写真を撮るというのは本当に嫌。

いちばん後ろに陣取ってアンコールで撮るという感じだが、

それでも周囲の客の白い目が辛い。一眼レフはシャッター音がうるさいのだ。

たいていは、事前に演奏者に承諾を得て、アンコールのにぎやかなときに、

音に合わせてシャッターを切る。

この経験をすると、二眼レフが欲しくなる。

ところが、以前フランスで取材したときは面白かった。

ブラスブリテゥンの編集長も取材していたのだが、

カメラではなくビデオを回している。あとでその中から静止画にするという。

ああ、確かに動画ならシャッター音もしない。

そういう発想がヨーロッパ人らしいと思った。

 

2013年6月13日  佐伯茂樹

 

 


2013-06-13 | Posted in コラムNo Comments »