プロフィール

saeki_profile佐伯 茂樹(さえき しげき)
古楽器演奏家・音楽評論家
東京ヒストリカルブラス主宰

早稲田大学卒業後、東京藝術大学でトロンボーンを学ぶ。現在は、ピリオド楽器を中心に演奏活動。クラシカル・プレイヤーズ東京トロンボーン奏者。日本で数少ないオフィクレイド奏者としても定評があり、バッハ・コレギウム・ジャパンなどにも参加した。一方、数多くの音楽雑誌で記事や論文を執筆。読売日本交響楽団、東京都交響楽団、NHK交響楽団の機関誌で連載を執筆したり、コンサートの監修も手掛けている。管楽器全般の研究でも知られており、放送大学の講義ビデオに出演。東京藝術大学古楽科、浜松市楽器博物館、福岡古楽音楽祭、日本ワーグナー協会などの招きで講演会をおこなった。2012年には、NHKテレビの「N響アワー」に、2015年には、同「らららクラシック」にゲスト出演した。2008年4月から2012年4月まで東京藝術大学大学院で楽曲と楽器に関する講議を担当。2012年には同大古楽器科で集中講義を担当した。『バンドジャーナル』(音楽之友社)でディスク・レビューとコラムを担当。『レコード芸術』(音楽之友社)で月評を担当。『音楽の友』(音楽之友社)で連載執筆中。レコードアカデミー賞選定委員。ミュージック・ペン・クラブ・ジャパン会員。  著書に『名曲の暗号』(音楽之友社)『金管楽器 演奏の新理論』『木管楽器 演奏の新理論』『管楽器おもしろ雑学事典』(ヤマハ・ミュージック・メディア)『カラー図解 オーケストラの世界』『カラー図解 吹奏楽の世界』『カラー図解 楽器の歴史』(河出書房新社) 『オーケストラ・吹奏楽が楽しくわかる楽器の図鑑(全5巻)』(小峰書店)『オーケストラの中の管楽器考現学 名曲の常識非常識』(音楽之友社)などがある。『リチェルカール古楽器ガイド1』『リチェルカール古楽器ガイド2』(マーキュリー)日本語版監修。

 

 

演奏する古楽器
・クラシカルトロンボーン(アルト、テノール、バス)
・ロマンティックトロンボーン(アルト、テノール、バス)
・オフィクレイド
・イングリッシュバスホルン

参加した古楽オーケストラ
・東京バッハモーツァルトオーケストラ(指揮=有田正広)
・クラシカルプレイヤーズ東京(指揮=有田正広)
・レ・ボレアード(指揮=寺神戸亮)
・オーケストラ・シンポシオン(指揮=諸岡範澄)
・ムシカ・ポエティカ(指揮=淡野弓子)
・バッハ・コレギウム・ジャパン(指揮=鈴木雅明)

インタビューした主なアーティストillust
ジェームス・ゴールウェイ/インゴ・ゴリツキ/エマニュエル・パユ/ロジャー・ノリントン/ジョス・ファン・インマゼール/デイヴィット・ジンマン/ハンス・イエルク・シュレンベルガー/クラウス・トゥーネマン/カール・ライスター/ハンス・ガンシュ/ミシェル・ベッケ/ロジャー・ボボ/アドルフ・ハーセス/ジェイ・フリードマン/ルドルフ・ヨーゼル/クリストファー・ホグウッド/リッカルド・シャイー/ヴォルフガング・シュルツ/マテュー・デュフォー/ポール・メイエ/パーヴォ・ヤルヴィ/フランツ・ヴェルザー=メスト/エリアフ・インバル/マルク・ミンコフスキ
他多数

レコーディング
ariga_chopin仲道郁代(ピアノ:オリジナル・プレイエル)
有田正広指揮
クラシカル・プレイヤーズ東京
コロムビア ミュージックエンタテインメント COGQ49

クラシカル・プレイヤーズ東京のメンバーとしてレコーディングに参加。ショパン時代のオリジナルのヴァルヴトロンボーンを演奏した。スライドトロンボーンではなくヴァルヴトロンボーンを使用することで、ショパンが本来望んだアーティキュレーションを再現。世界初の試みである。